内視鏡検査について

当院では上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)の苦痛を軽減するために
経鼻内視鏡を用いた検査を実施しております。

なぜ普通の胃カメラは苦しいの?

普通の胃カメラ(内視鏡)検査では内視鏡を口から挿入しますが、
舌の付け根には舌根という嘔吐反射を誘発する部位があります。

経口内視鏡(口から挿入する胃カメラ)では内視鏡が舌根に触れやすいので
嘔吐反射を誘発して「オエッ」となりやすいのです。



経鼻内視鏡検査では内視鏡は舌根に触れにくいので「オエッ」とならずに検査ができます。

合併症について

上部消化管内視鏡の合併症では一般的に消化管穿孔や出血が問題になります。

鼻腔は鍾乳洞のように複雑な形をしていて、
この部位は血管が多く出血しやすい特徴があります。

このため経鼻内視鏡では特有の合併症として鼻出血や鼻腔の疼痛が起こる場合があります。