大腸ポリペクトミー始めました!!

こんにちは 院長の中島です

10月から新しく始まった診療として、Web予約の胃カメラについてはブログでもご案内した通りですが、そのほかに大腸ポリペクトミーも始めております。
「大腸ポリペクトミー始めました!!」って、なんだか、季節外れの「冷やし中華、始めました!!」みたいですが(汗)、あらためてのご案内です。

当クリニックではこれまで大腸内視鏡検査は観察のみでポリープを見つけた場合、切除するのに他医療機関にお願いしていました。

10月からはご希望のある患者さんを対象に、10mm以下の小さいものに限定してその場でコールドポリペクトミーと呼ばれる方法でポリープ切除を行っています。

10mm以下でも茎のあるタイプや、くぼんだ形のものなど、当クリニックで切除するのが望ましくない形態のものや10mm以上の大きなものなどは
これまでどおり、治療可能な他医療機関にご紹介させていただいております。

くわしくは、スタッフ、医師にお尋ね下さい。

HPで大腸ポリープについて簡単な解説を載せております(診療案内の「病気と症状について、大腸の病気」のページです)。こちらの方もご参考までにご一読ください。